ゾーンダイエットとは?やり方と効果 一価不飽和脂肪の効果とは?

「ゾーンダイエット」とは、毎日の摂取カロリーを100とした場合、炭水化物、タンパク質、脂肪の比率を40:30:30の比率でカロリーバランスを取るダイエット方法で、アメリカの生化学者バリー·シアーズ氏が考案されたものです。

 

全体の40%のカロリー(量ではなくカロリー)を炭水化物から。30%のカロリーを脂肪分から。30%をタンパク質から摂取します。

黄金の比率 :炭水化物:タンパク質:脂肪=40:30:30は、人間の体で自然に抗炎症剤を作り出す結果にもなり得るため、心身に自然の薬になる優しいダイエット方法だとシアーズ氏は主張しています。黄金の比率のカロリーバランスは、余分な脂肪を体に蓄えさせず、糖質の吸収を抑える為に、太りにくい体になるのです。

 

炭水化物抜きダイエットや脂肪分を取らないダイエットが流行る中、これらを4割3割摂取してダイエットにつながるのか疑問に思いますよね。

 

シアーズ氏が言うには、一価不飽和脂肪を摂取することが、脂肪燃焼につながると指摘しています。一価不飽和脂肪が含まれた食事は、脳に満腹を知らせ炭水化物が吸収されるスピードを遅らせます。炭水化物の吸収が遅いことは、低インスリン状態にあること、このときに体に貯蓄された脂肪が脂肪燃焼する速度をあげるのです。

炭水化物や脂肪を全く摂取しないような無理なダイエットを行うと、体がエネルギーを必要とし、脳が飢えを感知し、代謝のスピードを落とします。これは、食べずに運動をしているのに全く体重が落ちない状態になったり、甘い物を強く要求するために、リバウンドが起ってしまったりするのです。

 

〈一価不飽和脂肪を多く含む食材〉

エキストラバージン・オリーブオイル
キャノーラオイル
ひまわりオイル
なたね油
アボカド
ピーナッツ
マカダミアナッツ
ヘーゼルナッツ

 

〈ゾーンダイエットの食べ方〉

ゾーンダイエットでは、極端なカロリー制限を求めません。摂取カロリーを気にするのではなく、食べる物をすり替えるダイエット方法です。

 

タンパク質の例

  • 鶏のささみ
  • 卵の白身

良い炭水化物の例

  • 野菜類
  • 全粒穀物
  • 豆類
  • ほとんどのフルーツもここの部類に入ります

好ましくない炭水化物の例

  • パスタ
  • ご飯
  • マンゴー、パパイヤ、バナナなどのフルーツ
  • 人参
  • シリアル
  • ベーグル

良い炭水化物をタンパク質より多く取る様にする。好ましくない炭水化物は控えめにする。

一価不飽和脂肪、タンパク質、炭水化物から食物を上手に組み合わせて、黄金の比率に近いメニューを食べましょう。

 

シアーズ氏の本には、何をやっても痩せられなかった人が、脂肪に打ち勝つ方法とあります。本当ならすごい!

Amazon
なにをしてもやせられなかった人のファイナルダイエット―ZONEで毒性脂肪に打ち勝つ方法